09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

MHF 1年団長ソフィの休日

  // 

2代目団長が戻ってくるまでの1年間団長を任されたソフィの奮闘記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

《第3話》 気付けばそこは 

先の戦いではなんとか生き延びれたようだ。

苦戦を強いられた分、体のあちこちが悲鳴をあげている。

も、もどらなきゃ・・・

起き上がろうとした瞬間、盾を持っていた方の手に激痛が走る。

「そんな体で何処へ行くつもりニャ?
 そもそもこんな安っぽい盾で古龍に立ち向かうからいけないのニャ」

起きて早々謎の猫に説教を喰らう。

終わったかと思いきやまだぶつぶつと独り言を言っている。

何時まで続くのだろう・・・。

「あのぉ。帰らなきゃいけないんだけど・・・。
 その盾・・返してくれるかなぁ?」

申し訳なさそうに頼み込んだ。

「礼も言わずにそそくさと立ち去るニャ?
 途中で倒れてももう助けてあげないのニャ!さっさと行くニャ!」

正確の悪そうな猫を横目に痛む右腕を抱えながら歩き始める。

何分か歩き続け、ふと何かを思い出したのか来た道を戻る。

「ねぇ猫さん。学校に帰りたいんだけどどっちの方向に行けばいいかなぁ?」

「・・・あんたあほニャ。それに猫じゃニャいニャ。
 アイルーという名前があるニャ。」

猫に馬鹿にされ、ソフィの顔が強ばる。

「ご、ごめんニャ。そんな怒らなくてもいいニャ。
 ここから北に行くと雪山があるニャ。
 その峠を越えればあんたのいた街に戻れると思うニャ。」

ソフィは唖然とした。

ゆゆ、雪山?峠?っていうかそんな遠くにいるの!?

気が遠くなり小さなため息を一つ・・・二つ・・・。

「そんな装備じゃ凍死しちゃうニャ。
 この装備持っていくといいニャ。
 あと、その盾もボロボロニャ。そこにある槍も持って行って構わないニャ。」

恥ずかしそうにソフィに渡す。

とてもフワフワして気持ちいい生地。触るだけでも暖かさを感じる。

寒冷地にいるポポとガウシカの皮からできた「マフモフ」と呼ばれる防具だろうか。

これで雪山も難なく越えられそうと希望を持つ。

アイルーから貰った肉球ランスを両手に、北に向けて出発し始めた。
スポンサーサイト

テーマ: モンスターハンターフロンティア

ジャンル: オンラインゲーム

《第2話》 卒業試験 【其の弐】 

何かの気配を感じつつもようやく目的地に到着した。

辺りは薄暗くなり、密林全体が静まり返っていた。

「まずいわね、早く見つけなきゃ。」

暗い状況での戦闘は明らかに不利となってしまう。

必死に探し続けるもののイャンクックらしき姿は見当たらない。

辺りは一層暗さを増し、今までの天候が嘘のように荒れ始める。

悍ましい気配と共に突然の強風と豪雨がソフィを襲う。

存在しないはずの古龍種を目前にソフィは立ちつくしてしまった。

いや、正確には存在しないと教わってきたと言った方が正しい。

風圧に耐性のあるバトル系の防具を装備していても体が宙に浮くくらいの風が吹き荒れる。

強風と恐怖心の中、呼吸と体勢を整えた。

「とりあえず、攻撃を当ててこの場から離れなきゃ。」

風のブレスなどの攻撃をガードしつつ反撃の時を待つ。

敵の攻撃におされ、盾がボロボロになっていく。

強風と豪雨により体温が低下し体力が奪われていくのがわかる。

「一度だけ。
 一度だけでいいからぁ!」

ガード体勢を攻撃体勢に変え、鋭い槍を前に突き出す。

古龍の顔目から角にかけて槍が突き刺さり、もがき狂う古龍。

その瞬間ソフィの体の力が一気に抜けその場で倒れこむ。

「ここで終わり・・・なのかな。」

古龍が逃げていくのを遠目にソフィはその場で気を失った。




読み手がイメージできるように書くのって結構難しいものですね^^;

読者のみなさん、こんな感じで続いていきますが

これからの展開を期待しつつ長い目で見てくださいなw

無いとは思いますが感想を言いたいと思ったらコメ欄へどうぞ^^

批判されたらされたでそれも私の実力不足ということで真摯に受け止めますw

テーマ: モンスターハンターフロンティア

ジャンル: オンラインゲーム

《第1話》 卒業試験 【其の壱】 

【登場人物】
ソフィ
ソフィ
 入学時、父から授かったハーヴェストヘッドを愛着している。
 (母にプレゼントする予定のものだったそうな・・・)
 自分ではしっかりしてると思いつつもどこか抜けている。




見習いハンターとして狩猟学校へ通い、その学生生活も今日で終わり。

そう。今日は卒業試験当日。

卒業生の間ではその話題が飛び交い賑やかである。

そんな中、教官の口が開いた。

「よし!今から試験内容を説明する。よく聞いておけ!
 皆には一人でハンターの第一の壁でもあるイャンクックを討伐してもらう!
 準備ができたものから出発だ!」

角笛が鳴り響く。

続々と卒業生が出発する中、慌ててソフィも出発した。

あることを知らされぬまま・・・。

テーマ: モンスターハンターフロンティア

ジャンル: オンラインゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。